会長挨拶

                                         2017年7月
                 関東同窓会会長への就任に際して

                                        上原 昇(65期)

ポートレート
6月24日の関東同窓会総会で第19代会長に就任しました65期の上原昇です。 まずは髙梨さんをはじめ前執行部の皆さんのご苦労に対し、心から感謝と敬意を 表したいと思います。 7月20日には新旧役員引き継ぎ会を行い、新役員26名の分担も決め、具体的な 活動をスタートさせたところです。 就任に当たって会長として考えていること、同窓会としてやりたいことを以下 いくつか記します。

1.会財政の健全化
  年会費の前納に依存しない健全財政の実現を目指します。
  そのために、年会費新規納付者の増加、会報広告の新規クライアントの開拓、 寄付促進策を進めます。

2.会員交流の活性化
 ・第57回総会準備を実行委員期(71、76、81期中心)と早期に立ち上げます。
 ・新規発足の絵画同好会の立ち上げ支援や既存同好会の活性化を進めます。
 ・女性会員の組織化、活動支援を行います。
 ・若手期(80,90,100期台)の同期会支援、名簿の整備などに努めます。

3.会報の充実
 ・新編集長のもと、編集委員会による業務の共有と分散化を図ります。
 ・新企画の導入などにより会報記事の更なる充実を図ります。

4.情報伝達ツールの充実
 ・活動記録の映像化(総会、新年会などのDVD編集)、HPコンテンツの充実、 リンク先の多様化 、
  新しいツールの導入などを検討します。

5.関東同窓会60年記念誌作成
  1958年(昭和33年)に発足した東京支部から数え、当会は2018年には 60周年を迎えます。
  過去の会報やHPを集約して60年誌を作成します。

会員の皆様には今後3年間、ご支援、ご協力のほど切にお願い申し上げます。
                                           以上

                   新旧役員引継ぎ会
Board_Member1707

トップページに戻る