俳句の会

ご挨拶

 関東同窓会の会員交流促進の一環として、俳人森澄雄に師事された児玉一江さん(62期)に講師をお願いし、2012年(平成24年)8月に俳句同好会「やまびこ句会」が発足、8月10日に第1回句会を開催しました。発足後、会員数は12名~15名で推移、通常は、毎月第2金曜日の午後、都内の公共施設で、8名~10名の会員の出席の下に句会を開催し、うち年に一、二回は吟行を催しています。各人が小短冊に認めた未発表の当季雑詠の自作句、原則五句を無記名で出句し、出席者が手分けして清記後A3の一覧句表に仕立てます。その句表より5句ずつ互選し、講師の佳作及び選も加えて、得票数の多い句から順に各自選句の背景を述べ、作者の作意を聞いた上で講師がその句を講評して添削する、という手順で進めています。
 「句会」は難しいものだと危惧する必要はなく、参加者が自由に作句し、推敲し、また参加者同士が感想、意見、拘りや体験などを自由闊達に述べ、やり取りすることで、脳トレ、意思疎通の深化、暮らしの潤いにも繋がり、一つの楽しみとして醸成されてきます。

連絡先:寺西孝昭(64期) TEL:090-3220-8192
           メール:terra2-ykh@t07.itscom.net

次回以降の句会予定


活動報告


























































ページの先頭に戻る

トップページに戻る