トピックス

運営基金活用についてのご意見募集中

 同窓会運営の財政的安定に貢献することを目的に昭和60年に設けられた運営基金は、608名もの多くの会員の皆さまのご拠出により、平成27年3月末現在の総額は11,300千円(基金利息800千円を含む)となっております。

 しかし、近年の金利低下に伴い年間の利息収入は数千円程度にとどまっており、活用が許された利息収入のみでは基金が目的とする同窓会運営の財政的安定には十分貢献できなくなっております。

 このため、当同窓会では、元本を含む基金の活用により同窓会活動の一層の活発化を図るため、運営基金活用検討委員会を設け、基金の活用のあり方について検討を行っておりますが、検討に際しては会員の皆さまのご意見を広くお伺いしたいと考えております。 

 これまでの検討委員会での検討では、会運営の財政的安定に貢献するとの基金設置の目的を踏まえ、一定額は基金として留保しつつ、同窓会活動の活発化に効果があり、かつ、母校への貢献にも資する事業、例えば当同窓会総会への母校音楽班の総会への招聘などに、元本を含む基金を活用できるよう、運用を改正してはどうか、との意見が大勢となっております。 

 つきましては、基金活用についてのお考えをお持ちの方は、関東同窓会HP (http://uedakant.sakura.ne.jp/) の「同窓会への連絡」欄をご利用頂き、1月末までにお名前、卒業期と共にご意見をお送り頂ければ幸いです。尚、ご意見は下記事務局メンバーに転送されます。 

 

平成27年12月
運営基金活用検討委員会
委員長 滝澤 進(61期)
事務局 倉沢 裕(69期)、塩野崎英二(66期)

赤松小三郎研究会・講演会

赤松小三郎研究会では、2015年8月18(火)夕刻に青山忠正佛教大学教授をお迎えして講演会「幕末の異才 赤松小三郎」を開催いたします。 赤松小三郎が我が国の近代化に果たした大きな役割についてご講演頂きます。 幕末史に関心をお持ちの多くの皆様のご参加を心よりお待ち申し上げています。 詳しくは添付の案内状(http://uedakant.sakura.ne.jp/pdf/akamatsu_kenkyukai1508.pdf )をご参照ください。 小山平六(62期、赤松小三郎研究会事務局)

新旧役員の引き継ぎ会開催

新旧役員の引き継ぎ会が7月24日、千代田区一ツ橋の日本教育会館で20人が出席して開かれました。 髙梨新会長より「 同窓会を身近な存在にしつつ、若い会員を増やしていく」との活動方針が表明されました。 詳細はhttp://uedakant.sakura.ne.jp/pdf/YakuinHikitsugi1407.pdf  をご覧ください。

勇姿!応援団が総会後の懇親会に急遽出演

 6月29日の総会後の懇親会では吹奏楽班と元応援団の共演がご覧になれます。 今後、昔の応援風景が見られるか分かりません。是非、皆さんの目に焼き付けて下さい。そして大きな声で校歌や凱歌等を歌いましょう!
http://uedakant.sakura.ne.jp/pdf/ohendan1206.jpg

第53回上田高校関東同窓会総会・懇親会

6月29日に例年通り千代田区の如水会館にて第53回上田高校関東同窓会総会・懇親会が開催されます。 尚、恒例の講演会は名古屋大学准教授の松原隆彦氏(83期)による「奇妙な宇宙 宇宙の全体像とその外側」です。 又、イベントは関東同窓会では初めての母校の吹奏楽班による演奏が行われるます。 皆様、奮ってご参加ください。

2012年11月以前のトピックスはこちら
トップページに戻る